2015年04月30日

立山黒部アルペンルート

4月29日(昭和の日)が定休日と重なったため、次女の婿さんと(娘は仕事)孫2人の4人で立山・黒部アルペンルートに行って来ました。

朝7時に家を出発して8時には立山駅に到着!
通常立山駅からケーブルカーに乗り、美女平駅で高原バスに乗り換えるのですが、
今日は立山駅から室堂まで直行のパノラマバスです。

4月16日の全線開通と同時に投入された新型パノラマバス(E~SORA 立山パノラマバス)が、この日から一般客用に1往復してくれるのを知り、Webで乗車予約をして置きました。
チケット.jpgパノラマバス.jpg
      立山駅に停まったパノラマバス

天井部分もガラス張りがあり、明るくて景色が素晴らしいパノラマバスは、45人乗りですが景観が良い座席32人分のみの予約です。
通常の乗車券に1席500円の特別車両料金が必要ですが、それだけの価値はありました。

立山杉の林.jpgパノラマバスから雪の大谷.jpg
      立山杉の景色                    車内から雪の大谷の景色

室堂に着いて、早速『雪の大谷』散策コースへ!

今年は大雪だったため最高で19mの高さがありましたが、最近の暑さの所為か例年より範囲が狭くなっていました。

車内より雪の大谷.jpgこれが雪の大谷.jpg
    バスのフロントから                     最高地点、本日は19m

その後孫達とソリ遊び!
室堂ターミナルでのそり遊び.jpg立山をバックに.jpg
                       立山をバックにイェーイ!

ひとしきり遊んでから、一路黒部ダムへ!

トンネル内トロリーバスで大観峰駅に→ロープウェイで黒部平駅に→ケーブルカーを乗り継いで、黒部湖駅に着いたのが12時過ぎで、黒四ダムの上を歩いて対岸の黒部ダム駅へ行き、そこで昼食を摂りました。

ここまでが片道6,750円(往復10,790円)と日本一高い乗り物なのですが、幸いにも半額の券を貰っていたので乗車券は全部で1万3千数百円で済みました。

トロリーバス立山直下.jpg黒部湖駅.jpg
  トロリーバスのすれ違い            トンネル内にある黒部湖駅

ダム上を歩けば10分ほどで対岸ですが、小さい子供と遊びながら、観光しながらなので30分も掛かりました。
黒部川第四ダム.jpg黒部湖.jpg
対岸に黒部ダム駅があり施設が揃っています    1週間前までは完全に氷が張っていたそうです

快晴の立山三山
快晴の立山三山.jpg
左から冨士の折立(2,999ⅿ)中央が富山県最高峰の大汝山(3,015ⅿ)右側が雄山山頂(3,003ⅿ)


帰りは逆ルートで室堂へ!少し時間があったのでミクリガ池まで行きましたが、雷鳥の姿を発見出来ずでした。
室堂からはまたパノラマバス(15:40発)で帰ってきましたが、クタクタに疲れました(^^;)




































posted by ひまわりほーむスタッフ at 15:19| Comment(0) | 奥田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

姫路城と道後温泉

先週お休みをもらい、四国の親戚の法要に行ってきました。


4月3日(金)朝6時に富山を出て、北陸道、名神高速、中国道、山陽道と自動車道を走って、姫路の手前でサービスエリアに入ったら姫路城(通称白鷺城)のパンフレットが!
読んでみたら姫路城のアプリがあり、ダウンロードをして待ち時間を見ると、天守閣への待ち時間がなんと0分!
それなら行く価値があると思い一路姫路城に!

アプリ『姫路城』の凄いところは、
入場や天守閣の待ち時間が10分毎に更新されるばかりじゃ無く、
地図と一緒にARが入っていて、8ヶ所のARポイントではCGを使った当時の様子が再現され、その他にも古写真ポイントが16ヶ所やおすすめビューポイントなどの案内をしてくれます。


姫路の町に入ると渋滞に遭い、待ち時間を見ると入場は0分だが天守閣へは30分!
これでも大丈夫!と思い、ノロノロ運転でようやく駐車場に入れたのが12時過ぎ。
土産物屋さんの通りにはたくさんの観光客が居て、ここで待ち時間を見ると入場は0分に変わりは無かったのですが、天守閣には90分と表示されていました。

姫路城全景.jpg
新しくなった姫路城には満開の桜が見事に映えていました。

ここから入場口に向かうと天守閣へは長蛇の列があり、それでは天守閣を諦め本丸までと思いそちらの列へ!

国宝姫路城.jpg世界遺産姫路城.jpg

暫く並んで入場へ!

桜の姫路城.jpg

雨で煙ってはいましたが、塗り替えられた漆喰の壁の白さとピンクの桜がとてもマッチしていました。

姫路城本丸.jpg
天守閣に登った人の出口になってる本丸の広場!


ここに来て初めて知ったのですが、播州皿屋敷の井戸は、この下の二の丸にあったのです!
恥ずかしながら今までは、江戸にあった屋敷で番町って所にあったのだと、ずっと思い込んでいました。


その内に雨が酷くなり午後2時頃に帰ろうとしたら、なんと天守閣への並びが僅かとなっていて悔しく思ったのですが、今日の宿「道後温泉」に向かう事にしました。



道後温泉の宿に着いたのは午後6時!
食事前に道後温泉の本館だけでも見て来よう!と雨の中を散策

翌日朝6時半にもう一度「道後温泉本館」に行ってお風呂に入って来ました。

坊ちゃんで有名な道後温泉本館!木造三階建て築120年!

千と千尋の道後温泉.jpg

ここでは近年の温泉街でめっきり見なくなった、浴衣姿の宿泊客があちこちの旅館・ホテルから歩いて見えます。

道後温泉本館正面.jpg
千と千尋のモデルとなった道後温泉本館


二階の客間のチケットを買い案内の声掛けが、正しく千と千尋の世界でした!
道後温泉本館二階.jpg
お茶とせんべいの接待と着替えの浴衣付きです。

二ヶ所のお風呂に入り、館内案内のチケット購入して案内をして貰いましたが、ここでも「お客様ごあんな〜い!」と、千と千尋の世界でした。
皇族方の入り口とか天皇陛下の控室・浴室とか見られて大変良かったです。

因みに道後温泉本館は、平成29年の愛媛国体が終了後、耐震工事等の改修に入るため閉鎖となり、7年後の道後温泉130周年記念でオープンする予定だそうです。

この道後温泉は、足に傷を負った白鷺が池で傷を癒したのを見て、温泉が発見されたとの言い伝えがあるそうです。

今回、姫路城と言い、道後温泉と言い、偶然にも白鷺繋がりの初訪問でした。





posted by ひまわりほーむスタッフ at 07:00| Comment(0) | 奥田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

シンガポールでの表彰式

少し前になりますが、2月19日から21日まで山田副社長と2人で、会社を代表してシンガポールで表彰式に出席して来ました。
住宅設備メーカーのTOTOが主体となりYKKapと大建工業の3社で行ってるリモデル倶楽部で、リフォーム用販売コンテストのダイケン部門で北陸地区最優秀賞と全国優秀賞を頂きました。
それがリモデル倶楽部発足20周年記念で、今回初めて海外で表彰式を!と言う事でシンガポールに行って来ました。

マーライオン.jpg
場所はこのマーライオンの奥に見える有名なホテル!
『マリナー ベイ サンズ』


マリーナベイサンズ全景.jpgマリーナベイサンズのプール.jpg
    屋上は宿泊客のみが入れる流水プール!夜景がキレイです。


ホテル内の表彰式会場へ

表彰式会場.jpg
挨拶をされるTOTO株式会社の喜多村社長


ひまわりほーむ.jpg
ひまわりほーむの表彰発表


パーティー会場.jpg
そしてパーティー会場へ移動



到着の日が春節の元旦でお祭りムード
春節.jpg春節高島屋.jpg
          正月3日目で営業が始まった高島屋の正面玄関

ガーデンベイサンズの夕暮れ.jpg


3日目、21日夕方にマリナーベイサンズ向かいの『ガーデンズ バイ ザ ベイ』にてフェアウェルパーティーを行って空港に向かいました。

大変素晴らしい表彰式で、監事会社TOTOさんのスタッフの行き届いた気配りに、ただただ感激と感心をするのみでした。

一つだけ残念な事が、個人的に2日目の表彰式・パーティーが終了した深夜からお腹を壊し、3日目は殆んど飲まず食わずで、皆さんの足手まといにならない様にして居るのが精一杯でした(-_-;)

posted by ひまわりほーむスタッフ at 18:25| Comment(0) | 奥田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。